猫は夜歩く。

地方住まいのゲーム好きオタ♀がつらつら。アトラス的なお仕事したい。

google adsenseデビューしました

審査通りました

f:id:catnightwalker:20170121004703p:plain

これがその筋では有名なポップコーンの画像か……。
実際動いてる様を見ると『担当者はサッカーファンだったのか』と思ってしまう不思議。

何かそう見えません?

アドセンスよく知らない人向けの説明的な何か

Q.アドセンスとは何ぞや。
A.これら広告なり、広告の群れなり
 ただ伏して広告主に許しを乞い、ただ伏してネットに広告を貼るものなり

強力若本系神父に怒られますよ。

あっやめて激辛麻婆も勘弁してください!
広告主のあとに(GWGL)とか付け加えたくなったことは謝りますから!

グーグルアドセンスというのはまあそんな感じのものです。
グーグルが提供しているサービスの一つで、審査に通ると自分のブログやサイトにグーグルさん提供の広告が貼れるようになり、成果次第で貼った人にもお礼が出るというアフィリエイトの一種的な奴です。
ちなみにどんな広告が出るのかはグーグルさんのさじ加減と自分が見てるサイト次第なところが大半。
TRPGのダイスの女神ならぬ広告の女神のご機嫌次第でございます。

アフィリエイトの一種とは言っても『このタグを貼っておくだけでがっぽがっぽうっはうはやで!』とかいうようなことは全くない。
即座にお金になるというわけでも無くて、一定以上(アドセンスの場合は2017年1月時点で8000円以上)の成果が貯まらないと振込が受けられない。

そんな手間暇と時間のかかるサービスですが、はてなブログを初めとしたブログ界隈では結構な知名度と人気を誇るそうで。
はてなポータルサイトで『アドセンス』で検索すると結構な数の記事が引っ掛かるので活字中毒というかブログ中毒の人は一度検索してみてほしい。
審査に通った通らないから通るための秘訣はこうだ、いやこうすれば通るに違いないという攻略記事めいたものから『我がアドセンスのアカウントは死んだ!何故だ!(通称アボセンス)』まで実に多種多様。
というのも、この手のサービスの中ではもっとも成果が出やすいんだとか。
(なんで伝聞形かと言えば冒頭のポップコーンマンがメールボックスから顔を出したのが1月16日の話だからです) 検索機能以外でもグーグルさんは人気者です。

www.hatena.ne.jp

【広告】

お前独自ドメイン持ってないやないか!という話

このグーグルアドセンスという人気者、わりと手厳しいことでも有名である。
登録するためには審査が必要で、審査に通るための基準もあれこれ憶測が飛び交う謎っぷり。
人によっては一発で合格することもあれば何度チャレンジしても門前払いになる人もあり。
おまけに去年の三月ごろからは無料レンタルブログでは申し込むことすら出来なくなるなど、お金儲けするには元手と努力がいるんやで、楽に始まる仕事はないんやでと叩き込むような手厳しさ。
そこに痺れるあこがれるゥ!

さてここで↑のツッコミに至った方もいるはずなのでネタにしようと思う。

そう、このブログにしろ別館サイトにしろ、独自ドメインというものを持っていない

ネット上のドメインというものには独自ドメインサブドメインの二種類があって、こんな風に分かれる。

サブドメイン 独自ドメイン
daikyoukin.kin-niku.com biceps.com
kin-niku.comという誰かが持っているドメインの中にdaikyoukinという名義でスペースを借りている感じ 自分でドメインを取得して持っている
賃貸マンション的な感じ 持ち家的な感じ

以前は独自ドメインを持っていなくても申し込みができたので、思い立ったら即ブログ作って申し込み、というのが出来た。
しかし2016年3月ごろから独自ドメインなしでは申し込みすら受け付けなくなったということで、はてなブログだけ見てもアドセンス合格しました的な日記を書いている人は独自ドメインを持っているのがふつう。

では何故独自ドメインもないのにアドセンス貼れてんねん、ということになるのですが……

何を隠そう、

た だ の も の ぐ さ の 産 物 で す 。

独自ドメインを取らずにアドセンス貼りたい、という人にはご期待に沿えなくて申し訳ないことこの上ない。

単純に申し込みに独自ドメインが必須になる前に一度申し込んで審査に落ちる
→いろいろあって放置してた
→ふと思い出して記事数増やしてもう一回応募
→アクセスが少なすぎて審査の連絡が来ないまま数か月経過
→メールボックスを開くとポップコーン

と、こういう流れ。

独自ドメイン必須になる前に申し込んで放置してた人はサブドメインでも通る、かもしれない

今は申し込み画面でサブドメインのアドレスを入力しても先に進めないわけですが、もし『独自ドメイン必須になる前に申し込んだけど落ちてそれっきり触ってない』という場合はもしかしたらサブドメインでも行ける、かもしれない。
サイトのアドレス欄にサブドメインのアドレスが入ったまんまだったら、の話だけれども。

恐らく『なんやサブドメインオッケーやったころに申し込みした人かいな、しゃあないな』という感じで審査を受けられていたんではないかなあ、これ。
ぶっちゃけこれ『すまんけど独自ドメイン取ってから申し込んでや』という返事が来るだろうなあと思いつつ申請したので、通るとは思ってなかったのが正直なところ。

特にサブドメインアドセンスを貼る裏技があるというわけでもなく、グーグルさんのえこひいきというわけでもないのです。
単純に私がアドセンスに関してものぐさをキメていたというだけなのです。
さらにぶっちゃければ申請したことすら忘れて、いえナンデモナイデス。

特にプライバシーポリシーだの何だのも用意していないし、30記事とかもないサイトですが、これから頑張って育てようと思います。

頑張るぞー。

【広告】

Copyright © 2016- 夜猫 All Rights Reserved.