読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫は夜歩く。

地方住まいのゲーム好きオタ♀がつらつら。アトラス的なお仕事したい。

どうしてデブのメンヘラ的言動はこんなにもイラッ★とくるのか

その一角だけがハワイの空気をまとう女

温かくなってくると変な人が増えると申します。
まあ実際には年がら年中変な人はいるわけですが、実際この時期になると花見だ旅行だと外に出る機会も増えるわけで、結果目につくようになるんでしょうか。

そんな感じで人々が出歩くようになりますと忙しくなるのが接客業というものでございます。
新生活応援フェアをやってる家電量販店なんかもう店員が捕まらないし、駅近辺の飲食店も結構な時間待たされるような感じ。
後者に至ってはコーヒー一杯あれば会話を肴に閉店まで余裕です系のお客さんも増えて、待ち時間が伸びる伸びる。
まあ待っている時間もおしゃべりが止まらないグループの皆さんはともかくとして、単純に移動中に一人で入ってご飯食べて電車やバスに乗りたいような人はつらい季節かもしれません。

そんな桜の季節にも関わらず、というか冬のめっちゃ寒い日でもそこだけハワイアンな空気の人が職場に。

もちろん

  • ハワイ出身のアメリカ人
  • トロピカルな色遣いがお好き

というような理由ではございません。

横幅です。

若干オタク率高めのこの職場においてこれまた丸出し系のオタク♀のこの先輩、体重は自己申告によると約80㎏。
サバ読んでませんか感が体格的に隠し切れませんのでもうちょっと重たいかもしれません。
加えて

  • 自称サバサバ系
  • 自称肌が弱いからお化粧できません系
  • カバンはアニメイトあたりで買ったと思しきキャラもののグッズで一杯
  • 男性相手でも職場の休憩室でもシモネタ全開

という、このおしゃれな腐女子の増えたご時世に一体どこの遺跡を探索したらエンカウントできるのかというオールドテンプレスタイルでございます。

とはいえ、職場の先輩は先輩。
OJTどころか「ごめんそれまだ教えてなかったか」と先輩に謝られること多々の忙しさを誇るこの接客職場においては気軽に質問できる貴重な人材ですので敬意はもちろん持っております。

○○カットは和まない

さてこのハワイアン先輩。
(ハワイアンと体格から連想したジャイアンを足して略しようかと思ったけどハワイアンかジャイアンにしかならないからハワイアンにしよう)
仕事上がりに更衣室で着替えていたところ、手首に何やら赤い線。

「先輩怪我でもしたんですか?」

年度末であれやこれやとモノを動かす作業の多かった今日この頃。
ある男性社員は機材を動かす作業に駆り出された後腰を痛めて帰ってきましたし、別の社員は棚の整理の作業から帰ってきたと思ったら頭のてっぺんに綿ぼこりが付いていたりしたので、てっきり何か怪我でもしたのかと思ったんですよ。

「あ、これ?
 違うよお、自分で切ったんだあ」
「……はあ、リストカットですか。
先輩そういう趣味がおありでしたか」
「だってさあ、何か切ったらちょっと落ち着くじゃん?
 ああ生きてるなーって感じするじゃん」

念のために申し上げておきますが、常に人手不足に悩まされる接客業とはいえブラック企業というわけではございません

「えー、でもカットってあんま落ち着くものじゃないじゃないですか。
 ほら給料カットとか」
「やめて、その単語やめてこわい」
(なんかやらかしたことあんのかなこの人)

とまあそんなやり取りをしながらもベルトの上でワガママに揺れるハミ肉
歩み寄ってくる上半身ブラオンリーの先輩の威容を際立たせるハミ乳ONサイドベルト
(ハミ乳じゃないというツッコミもある)

その場は電車の時間を理由に急いで着替えて飛び出すことで切り抜けたものの、ハワイアン先輩に対しては今までなかった種類の苛立ちを覚えざるを得ない。

なぜ、なぜこんなにイラッとするのか。
不思議なほどイラッとするんですよね、何故か。

メンヘラとメルヘンはよく似ている。

リスカだのアムカだのに憧れる黒歴史的な時期、人によってはあると思います。
ゴシック系に走ればある意味お約束の要素ですしね。
しかしもしもリスカだのアームカット(アムカ)だのをお耽美に描写するとして、最低限耽美にするための条件を考えてみると

間違ってもそいつはデブではない

という条件は絶対ではないかと思うんですよ。

  • こっそりかくまっている吸血鬼を養うべく暗い部屋の中で手首に刃を当てて血を流す青年。
  • 苦悩の末に自殺の手段として手首を切り、出血を促すために湯を張った風呂に腕を漬けて力尽きている女性。
  • 躊躇い傷だらけの腕をそっと手当てするホモないしユリップル

と三つほどシチュエーションを用意した時、ここにデブが入る余地があるのか、といえば、絵的に難がありすぎて入らないじゃないですか。

病んだデブ略してヤンデブとか結構上級者向けのシチュエーションなのでは?
というかそもそも脂肪を大量に蓄えたその姿には生命力がありすぎるんですよ。

米食べろ!

じゃなくて

野菜食べろ!

と修造に熱く言われそうなこのハワイアン先輩もその通りで、存在感のカロリー量がデカいんですよね。
その生命力溢れすぎる立ち姿で病んだ空気を体現しようとされましてもこちらとしてはちょっと困る。

例えばこれが

  • 身長に比して体重が少なすぎる相手
  • ブラック企業勤めで追い詰められている眼の下にクマが常駐のやつれた社畜

みたいな状況であればまだ心配のしようもあるんですが、2L以上がデフォルトサイズの体格と贅肉でメンヘル的な言動を添えて構って構ってされても

いやお前生命力有り余ってるやん、むしろ減らした方がええやん……

というツッコミが先に立ってしまうわけで……。

とはいえツッコミ入れて機嫌悪化させた結果仕事に支障が出ても困るわけで……。

イラッ★

Copyright © 2016- 夜猫 All Rights Reserved.