読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫は夜歩く。

地方住まいのゲーム好きオタ♀がつらつら。アトラス的なお仕事したい。

ドヤりたいときでもないのにスタバに足を運ばざるを得ないとき

戯言日記

実際そこしか選択肢がない

深煎りされると苦味が引き立つスターバックスの雰囲気商売 : 市況かぶ全力2階建

こんな記事があったので何となくネタにしてみようと思う。

スターバックス
職場近くにも一件あって時々仕事帰りに足を運ぶわけですが、自分はコーヒー党ではなく紅茶党なので頼むのはもっぱら紅茶系メニュー。
おそらく割合的にはパッションティーあたりが多いと思う。

お前はなぜ高い割に美味くもないと言われるスターバックスになぜわざわざ足を運んで紅茶系メニューを頼むのか。

そう問われると答えはこうなる。

そこしか開いてないんだ。

田舎の閉店時間を舐めてはいけない

地方の夜は早い。
おおまかにいって20時にはたいていの店は閉店する。
21時には営業しているのはまず飲み屋ぐらいなものである。 19時過ぎには個人経営の本屋なんかもう店じまいを始めてにはシャッターが下りかけている。 スーツでおなじみはるやまに至っては20時閉店のところ19時が来ないうちから閉店している。
なので自分はスーツをはるやまでは買わない。

以前人に尋ねられたことがあるのだが、地方へ行くと飲食店の閉店時間というものは結構早い時間になる。
早い店だと大体20時ごろ。 遅い店でも21時か22時には閉店ガラガラで、東京あたりから出張してきた人などは

『えっ!今からご飯食べられるところって飲み屋しかないの!?』

となる。
向こうで食べてくるなり出発駅なり新幹線内なりで駅弁買っとくなりしとけよとしか言えないわけだが、まあ確かに東京行くと深夜営業の店すごく多い気がするので気持ちはわからんでもない。

例えばである。
池袋とか駅前にファミレスが何軒もあって、22時過ぎて新幹線で到着しても食べるところは探せる。
翻って地方のファミレスというものは車で行くところである。
大抵の場合電車で行くものではない。 というかそもそも電車が通ってない場合の方が圧倒的に多い。

なのでコンビニもそうだが

  • 余裕のある駐車場があって
  • 太い道路に面しているか道路へのアクセスがよく
  • したがって駅前は土地の価格的な関係で駐車場が用意できないから展開する場所ではなく
  • 住宅街近辺で深夜営業したところで客の入りがないので割と早めに閉めてしまい
  • 都会のイージーな環境に慣れた人が悲鳴を上げる

こうなる。

ちなみにスターバックスも遅くまで空いている店舗ではない。 が、実際問題ここしか開いていないのだからしょうがない。 ドヤりドヤるときドヤればみたいな目的がなくともここをのぞけばちょっと歩いたところにあるマクドナルドしかないのである。
そこまで歩くと今度は電車に間に合わなくなってしまうので選択肢が欲しいところである。

ちょうど今まさに原稿シーズンなんですけど!というときに閉店した他の店

とある薄い本のイベントに参加をキメてぼちぼちネタを練り原稿をしていた時のこと。 ふと帰宅途中に電車待ちがてらぶらぶらしながらポケモンGOをやっていると、なんと最寄りの某ファストフード店が閉店のお知らせを出していた。
何ィ!?と思いながら駅の方へと足を向けると、道中にあるもう一件貴重な作業拠点であった某カフェがこれまた閉店のお知らせを出していた。

おおブッダ……!
これでは他のマクドやスタバにさらに客が殺到する羽目に……!

念のために言っておくとお客が入らないから閉店、というわけではない。
単純にこの二件がテナントとして入居していたビルが老朽化のため建て替え→ほなまたどこかでよろしゅうな!とビル丸ごと閉店ガラガラしただけである。

しかしてこの二件が閉店するのは正直つらい。
何がつらいってイベントごとのあとの他の店の混雑が倍々ゲームどころではなくなるパターンなのが一番つらいし、加えて片方はこの近在では珍しい21時以降も営業している飲み屋でない飲食店だったのもつらい。

このつらさに加速をかけるのが現在のボスの人員配置面での無能っぷりである。
都市部から異動してきたこのボス、都市部のノリで人員配置をやりポコポコ人手を持っていくので昨年の年末からは正社員の残業時間は火の車。
結果非正規組がその尻を拭う形で勤務時間を延ばすことになったため、帰りの電車の待ち時間がくっそ長くなってしまった。

せめてビルの中で時間を潰せればいいのだが、火の車っぷりがひどすぎて所定時間になったら全員叩きだされてしまうのである。
この寒い中駅のホームにつっ立っていたら風邪ひきますぞボス!

この二件が残っていればまだ少しはましだったのだが、いよいよもってちょっと離れたコンビニかスタバぐらいしか待ち時間を潰す場所がない。
くそう。

お部屋とコンビニは誘惑が多すぎて

なぜ外のカフェ的なところで作業をするのか。
何故コンビニで待ち時間を潰さないのか。

自宅で作業していると誘惑が多すぎるのである。
コンビニで立ち読みして電車一本逃すと待ち時間がひどいことになってしまうのである。

原作振り返ったりゲームしたりネットしたりピクシブ開いて新刊情報チェックしちゃったり。
雑誌立ち読みしたり新商品見たり買っちゃったり。
ちなみに自分の場合、どれだけチェックしても自カプの新刊は自分だけということがよく……よそうこの話は。

ともかくあれだ、コーヒーやお茶の味はともかくとして他に選択肢がないのだ。
どうも勤務時間の延長もそのまま定着しそうな気配あるし、さっさと転職したい……。

Copyright © 2016- 夜猫 All Rights Reserved.