読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫は夜歩く。

地方住まいのゲーム好きオタ♀がつらつら。アトラス的なお仕事したい。

英語で下ネタ言えばバレないと思ってる意識高い所から墜落死系の人

そう、そこのあなたですよ

ドーン!!!!(喪黒福造めいた顔で)

夏休みの明けたシーズンになりますと就活だ卒論だで大学生も忙しくなってくるようで、夜9時過ぎの列車にも結構な量の学生さんが乗っている。
この一本後の列車まではずいぶん時間があるのもあって、駆け込んでくる学生さんも結構いる。
職場の最寄りの駅の近くには大学も数校あるものだから、もともとこの時間にはバイト帰りだったり連日ゼミや研究室で教授と卒論と自分で三者面談をこなしているような学生さんが多い。
ただやっぱりこの時期になると研究やら何やらの資料とにらめっこしている学生さんの比率が高くなるので、お疲れ様です、と思いながらさりげなく席を開けて見たりする。

さて今日もそんな学生さんたちや仕事帰りの人々でごった返す電車の中でぎりぎり座る席を確保したわけだが、今日は近年まれに見る不快な乗車体験をする羽目になってしまった。

向かいの席に並んで座る40代半ばぐらいのアメリカ人(※服の趣味から見た偏見である)と、まだ就活中の大学生らしき男性。 英語で何やらべらべらしゃべっているのだが、この大学生ネイティブばりの発音を気取ろうとしてものすごく失敗してる発音でなにやらまくしたてるように喋り、隣の外国人男性はそれに付き合っているのだが、

明らかにこいつ意識高い系の皮をかぶったキモオタだな

というのがものすごくよくわかる会話を延々大声でまくし立てているのである。

ここで一つ自己紹介にもならないような自分の話をするのだが、英語は結構得意な部類である。
どの程度のことが出来るかというと、外国人旅行客(※英語を使う人)にご案内をしたり、お手持ちのガイドブック(英語)を参考に目的地(大体観光地だ)へのご案内をしたり、1時間程度なら雑談をして持たせるぐらいのことはできる。

その程度の英会話能力を持っているので、眼前の二人がどういう会話をしているのかはだいたいわかる。

というか、多分英語能力がなくてもわかるんじゃないかなあ、という感じである。

なんせこの意識高い系の皮をかぶった大学生、

ビッチ Bitch びっち BIIIIIIITCH

と連呼しているのである。

ええいお前はPP尽きても跳ね続けるコイキングか何かか!!
そんでその合間にWomenだのThat Girlだの挟んでりゃそこまで英語能力なくても話の内容に察しがつくわ!!

夢中でひひひひ笑いながらそんな話をしている大学生は気付いていないが、周囲の女性の空気はすさまじい勢いで白けている。
真向いで垂れ流しのそれを何となく脳内自動翻訳してしまっている私もものすごい白ける。
少し先の大きな駅で降りるかと思ったがそんな気配もないので、延々垂れ流されるビッチコールに耐えながら席に座っていたが途中で耐え切れなくなった。

実際のところ、この大学生は会話の内容からして完全に自意識過剰である。
いつも自分が据わるところの近くに座るからあのビッチはぼくちゃんに気がある、あの授業を取ってる女性教授はしょっちゅう無駄なメールを寄越すからぼくちゃんに気がある、その他もろもろループすること20分近く。
スマホのメモに『そこの口からうんこ吐き散らしてるクソッたれに口を閉じろと教えとけ(※完全に罵倒語の山になるので日本語でお送りします)』と打って見せなかった私を誰か褒めてくれ。

断言してもいいが、その『いつも隣に来る女子大生』はその席が講義室におけるマイベストスポットなだけだ。
だってお前一言も声かけてこないって今自分で発言してるじゃあないか。
(何となくだが、特に講義で席を指定されない場合、気に入りの席を見つけたらそこを確保しにかかる女子大生は結構いる)

その女性教授がしょっちゅうメールを寄越して何度もミーティングをやるのだって、お前単純に成績が悪い方だろう、多分。
根拠は単純、隣の男性が『君ちゃんと提出するもの出してる?彼女こまめに研究内容チェックするだろう?』って言っていることと、『ぼくちゃんはちゃんとやってるからビッチ教授二なんて見せなくても大丈夫だよぉ』ってキモオタ系の笑いを浮かべながら言われた瞬間に肩をすくめた動作だよ。

卒論書いてた時にも何人かいたのだが、夏休み明けごろからの追い込みシーズンにそういうこと言ってるやつは高確率で卒論を落っことす。
さもなくば中身のないもの出してどうにか乗り切るかの二択なのである。

英語ならビッチ呼ばわりだとか下ネタトークをぶち撒いても大丈夫だと思ってるそこのあなた……

このご時世、意外と周囲の人は会話の内容を理解しているかもしれませんよ……

公衆の場で英語でエロをたしなむのは、電子書籍だけにしときましょうねえ……ホーッホッホッホッホ……(笑ゥせぇるすまん調に〆)

Copyright © 2016- 夜猫 All Rights Reserved.