読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫は夜歩く。

地方住まいのゲーム好きオタ♀がつらつら。アトラス的なお仕事したい。

転売チャイニーズとポケモンGOplusと苦情の雨

某大型電器店に務めている人の話である

広めのゲーム売り場を擁する電器店勤めではあるものの、普段ゲームとはかすりもしない売り場を担当している人が少し前にこんなことを聞かれたそうである。

『ここの店はポケモンGOplusって入荷するんですか?』

ポケモンGOplusと言えばスマホとペアリングして使う追加アクセサリ。
スマホがスリープ状態でもポケモンゲットだぜ!できたりポケストップからアイテムを回収出来たりと、ぶっちゃけスマホを見ながら歩き回ってもなかなか出現しない田舎の方が役に立ちそうなアイテムである。

さて困ったことにこの御仁、ポケモンGOplusが自店に入荷するのか、するとしたらどれぐらいなのかということをまだ知らなかった。
ので

『それならゲーム売り場のスタッフが詳しいですよ、こちらへどうぞー』

とゲーム売り場へご案内し、あとは詳しいスタッフにバトンタッチ。
折しも自分の担当の売り場で人手が足らんと店内の放送がかかったこともあって、この件に関してはこれ以降すっかり忘れていたそうな。
日付は進んでここ数日の間のこと。
ここ数日人手が足りず少々お待たせしてしまいがちになっている外線を取った内勤さんが、休憩中のベテランスタッフを呼び出した。

このベテランスタッフというのが実に人当たりのいいフロアのボス格。
店内でも一番目につく売り場を担当しているものだから、その売り場で接客した人が特に関係ないことでもご指名で問い合わせを寄越すのだそうで。

さてこの人が電話に出てふんふんと話を聞くこと10秒も経たないうちに、

「ポケモンGOPlusですか?」

と問い返す声がした。
ベテランスタッフとはいえゲーム売り場の担当ではないのでちょっと確認を取ってみないと、とお客様に対応していたベテランさんの周りにどこからともなく集まる数人のスタッフ。
お客様と電話をしながら彼らを見回したベテランさんに、スタッフたちはいっせいに×を作って見せた。
うぇえ!?というような顔をしながらもまた折り返しお電話をいたしますーと電話を切ったベテランさんも、この一幕を眺めていた人も知らなかったことらしいのだが(そして自分もこの話を聞くまで知らなかったのだが)

ポケモンGOプラス、まさかのポケモンセンターの直販オンリー。

各地のポケモンセンターへ足を運ぶか、あるいはポケモンセンターオンラインで通販するしかないという。
ちなみに、このブログを書いている時点で『完売御礼』状態。

考えてみれば転売チャイニーズとか転売コリアン対策なんだろうなあ

ポケモンというコンテンツの底力を見せつけるような世界規模の展開を考えると、テンバイヤー対策なんだろうなあとしか。
アイドルマスターsideMでさえセカンドライブの転売が出る今日この頃、ポケモンGO関連のアイテムともなれば転売で一攫千金を狙うクソが山のようにそびえたっても何の不思議もない。
ゲーム系のブツとしては珍しく予約さえ受け付けないストロングスタイルなのも、人海戦術で買い占めて転売っていうのを予防するためか。

実際のところポケモンセンターって特急とか新幹線使って出かけるエリアにしかないので、自分が買うとすれば公式通販かゲームコーナーのある大型店舗だろうなあとは思う。
問い合わせを寄越したお客さんも『近所のトイザらスや大型店舗でも見つけられない』と言っていたのでそういうクチだろう。
そういう意味では手に入りにくさが上乗せされているけれども、まあしょうがない。
爆買いという単語が定着してからこっち、自分が住んでいる県の大きい駅近辺の店舗でさえテンバイヤーとかした中国人や韓国人をしょっちゅう見かける。
普通に店頭に卸した日には世界のクソたるテンバイヤーどもによって相場が数十倍とかにまで膨れ上がりかねない。

残念なことにこれ、世の中の現実なのよね。

テンバイヤー殺すべし、慈悲はない。

……テンバイヤー対策と言えば、近頃別の大型小売店では立て続けにお客モドキを出禁にしたらしい。
モドキ、と付けたのは、これがネット経由で転売するための商品を仕入れに来ていたテンバイヤーだったから。

東京はギンザあたりでは爆買い客を当て込んで店を改装した話があるけれども、自分の住んでいるエリアではそんな店は今のところない。
そこまで客としての比率も売り上げに占める割合も高くないので、そっち向けに売ったものと言えば春節用に化粧品の詰め合わせとかサプリの詰め合わせぐらい。
とは言っても、やっぱりちょろちょろとはうろついているし、ネットでチェックでもしているのか何か連絡網みたいなものでもあるのか、セールだなんだという時期になるとうろつく人数が増える。

ポケモンGOPlusの話をしてくれた人が務めているところの系列店もそんな感じで中国や韓国からくるテンバイヤー、あるいはネット経由で中国や韓国へ輸出する国内のテンバイヤーに悩まされているそうな。

  • 季節家電・型落ち家電の特価コーナーを中韓から来たテンバイヤーが店内のみならず周辺の店舗を荒らしていくため地元の人から苦情が付いた。
  • 国内のテンバイヤーが『●●●(あっちで人気のある商品)の在庫いくつある?全部くれ』とか言い出し、金なら払うからとごね続けるので出禁に。
  • 高額な展示機を盗もうと試みているのか中国人や韓国人がくるとそこかしこで防犯ブザーが鳴り響く。
  • 会員アプリのクーポン画面を提示していると見せかけて実はただのスクショだった
  • 何をどう思考しているのかはさっぱりわからないが人通りのない店舗裏でNOGUSO

最後のはもう店内のトイレの存在意義が分からなくなるレベル。

何というかあれだ、日本人はお金の話を嫌がるというけれども、こういうお金に目がくらんで品性が売り切れ状態の人の言動ってどうしても目に付いちゃうんだよね……。
払うべきお金が払われない、という話はどんどんするべきだとは思うんだけれども、こう、品性を持ってお金稼ぎしたいよね……。

Copyright © 2016- 夜猫 All Rights Reserved.