読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫は夜歩く。

地方住まいのゲーム好きオタ♀がつらつら。アトラス的なお仕事したい。

アナデンの千葉繁が私をめった刺しにしている問題

戯言日記

本格的にぶっ殺しにかかってきている

そろそろハチの巣になってしまうだろ!

公式サイトを見たところ明らかにネタバレになってしまうだろうからとりあえず中の人で。
いやホンマにこれシナリオがぶっ刺しに来てるってこれいろんな意味で。

あのね、ほんとあの、マジでクロノ・トリガークロノ・クロスと合わせてやって。
ていうかあの、平行でもいいし先にクロノシリーズをプレイしてもいいからあっちの世界に触れた方が絶対楽しめる。
PSストアのダウンロードででもDSででも構わんからとにかくやるんだ。
もういろいろ語彙力が足らんというかネタバレしないように語ろうと思ったら何も言えなくなるんだ、うん。

アナザーフォース解禁あたりまで行った人には分かると思うけども!

あの落っこちた先にお住まいの人がですね!
全面的に破壊力すごすぎだから!!

この人連れてアナザーフォースやったらすごい嬉しいことなるから!!

取りあえずガシャを回す

レベルを上げてガッツリ強化すれば多分シナリオ加入(プラス最初に回すガシャで引いた分)の三人で進んでいけると思うんだけれども、ガシャ一回やりました。
ちょっとね、前のところでレベル上げ足りなかったよね。

面白いからってシナリオの先を求めて突撃しまくったのがまずかった。
ついでに言えば育てるのに苦心して猫に引きずられまくったのでもう少し早く安全なところで回すべきだった。

しばらくの間最低限の人数で突っ走っていたので分からなかったのだが、FF10よろしく前衛と控えの交代システムを搭載しているところにかなりの章数をクリアしてから気付く。
編成6人のうち2人は後列で待機している状態なのだけれども、この控えがアナデンにおける戦略のミソらしい。

というのも、アナデンには回復アイテムがない。
トーリー最序盤で手に入るお弁当以外今のところ手に入っていないのである。
長丁場になりがちなダンジョンには休憩できる場所(回復スポット)が用意されているのだが、今のところ各ダンジョンに一個、といった感じ。
(まだそこまで長いダンジョンには遭遇していないともいう)

ではどうやって回復するのか。
最少人数で突っ走っている間は不思議に思いつつ仲間のスキルで回復。 消耗して来たら街とダンジョンの往復運動(ワープができるから割と楽)を繰り返していたのだけれども、これを解決するのが控えの存在だった。

毎ターン毎ターン控えの枠が緑に光るので何かと思っていたら、これ『回復している』という意味だったのだ。
つまり

  1. 戦闘中にHPMPが減ってくる
  2. 『チェンジ』コマンドで控えのメンツと入れ替える
  3. 控えに入ったメンバーは毎ターンHPMPが回復する
  4. 十分回復したら前衛へ戻す

を繰り返すことで回復アイテムを使わずに長丁場を乗り切るシステムだったのである。

ちなみに前線のメンバーが倒れたら控えのメンバーのコマンドで『上がる』を選べば前線に上がってきてくれる。

そらストーリー加入しばりみたいなことしてたら気付かんわこれ。

ゲームオーバーというか、全滅した場合は石でコンティニューするかリタイアするかのニ択。
リタイアしても最寄りの街へ戻されるだけなので安心して猫に身を任せられる。

ちなみに武器・防具に関しては材料の在庫がないと作ってもらえない、クロノ・クロスの原始時代方式であることが判明した。
モンスターはゴリゴリ狩って素材を武器屋に売りましょう。

アナザーフォースの話

それにしてもあの×はズルすぎだろ……。
何あれ、シナリオメンバーでアナザーフォースぶっ放したらああなるの……?

シナリオを進めると使えるようになるアナザーフォースなのだが、仲間と一緒にMP消費なしでスキルを使いまくり、コンボを決めるというもの。
このアナザーフォース、公式サイトにある通り特定メンバーがいると必殺技をぶちかますことがあるのだが……。

ズルいやろこれ……。

としかいいようがない。

バトルのたびにゲージは初期化され、大体真ん中あたりからのスタートになるので溜めるとか持ち越しとか考えずにどんどこ撃つのが吉。

あまりにもズルいので新メンバーを入れてアナザーフォースを使うことにためらいが無くなりそうである。
いや、これ公式サイトもズルいんですよ……パーティーメンバーを絶妙に外してチョイスしてやがる……。

ホントあの、これコンシューマーゲーになりません?

アナザーエデン 時空を超える猫

アナザーエデン 時空を超える猫

  • Wright Flyer Studios
  • ゲーム
  • 無料

Copyright © 2016- 夜猫 All Rights Reserved.